大阪府守口市・門真市で、地元を豊かで住みよい郷土づくりに貢献する商工会議所の若手集団

守口門真商工会議所青年部
 Young Entrepreneurs Group


スローガン

『 仲間と地域と未来と繋がれ!~新たな挑戦に夢をのせて~ 』


運営方針

●未来企画委員会
守口市、門真市にまたがる守口門真商工会議所青年部(以下、「守口門真YEG」という)が、両市及び両市の商工業者と手を携え、市民に向けた継続事業、また、私たち部員自らも企画を楽しみ、強い一体感を共有し、更に太く繋がる、そして、この守口門真YEGの部員であることを誇れるような継続事業の完成を5年先、10年先に見据えた一歩となる事業を開催します。

●提言委員会
地域行政機関の若手中堅職員等との交流を交えながら、守口門真YEGの部員の生の声をとりまとめ、地域・業界・個々の企業が抱える問題や要望などを商工会議所または行政機関に対し提言します。

●交流拡大委員会
部員同士の交流はもちろん、YEG活動に理解を持つ新たな同志との積極的な交流を行い、互いにYEGの存在価値や知識を深め、共に活動できる部員の増員に力を入れます。

●ビジネス研修委員会
個人単位ではなくYEGという組織のスケールメリットを実感できる「研修」及び「ビジネス活動」の方向性を見出し、部員の青年経済人としての資質やスキルの向上、自企業の発展に役立つ研修会を開催します。

●総務広報委員会
・情報化社会の現代にふさわしい広報手段を追求し、守口門真YEGの存在を認識してもらうと同時に、その事業・活動を理解してもらえるよう、内外に対し、情報を幅広くかつ積極的に発信します。
・スムーズな組織運営を行うため、従来の運営システムを検証しつつ、時代に則した会務運営システムを構築します。

●35周年準備室
平成31年度に35周年を迎える守口門真YEGが、地域を支える青年経済団体として、各部員の個性、地元の地域性を活かし、平成29年度 産官学共同研究室からの活動を引き継ぎ、鳥人間コンテストへの挑戦を中心に、産官学ならではの多種多様な価値観を持ち寄り、個人の成長や自企業の発展を促し、地域の振興に向けた活動を実施できるよう準備します。

●H31府青連支援室
平成31年度に大阪府商工会議所青年部連合会(以下、「府青連」という)会長を輩出するにあたり、守口門真YEG全体の協力、支援が不可欠となります。そこで当該年度のみならず平成30年度より、そのバックアップ体制を整えていきつつ、全部員に対しての意識付けや、府青連はもとより、近畿ブロック商工会議所青年部連合会、日本YEGへの理解を深めるべく活動します。


事業計画(案)

4月  定時総会・懇親会(総務広報委員会)

5月  5月例会(交流拡大委員会)

6月  6月例会(提言委員会)

7月  7月例会(ビジネス研修委員会)
    7月例会「門真まつり」(7/21予定) (提言委員会)

8月  8月例会(未来企画委員会)

9月  近畿ブロック大会 播州かさい大会(9/28・29)(正副会長)

10月  臨時総会・懇親会(総務広報委員会)
    10月例会(未来企画委員会)

11月  11月例会「守口市民まつり」(11/4)(提言委員会)
    11月例会 「YEGの日」(交流拡大委員会)
    全国会長研修会 とかち帯広会議(11/8~10)(正副会長)

12月  12月例会「望年会」(総務広報委員会)

1月  1月例会(ビジネス研修委員会)

2月  2月例会「志青会」(主管:北大阪YEG)(交流拡大委員会)
    2月例会(提言委員会)

3月  全国大会 みやざき大会(3/6~10)(ビジネス研修委員会)
    3月例会「納会及び卒業式」 (未来企画委員会)

4月  新年度部員手帳発行(総務広報委員会)

※H31年度に当単会が35周年を迎えるにあたり、今年度内に35周年事業準備室担当の「式典もしくは記念事業に関する周年例会(仮称)」(時期未定)を公式に開催いたします。